Why do an Artists Residency, Japanese translation

Arigatou to Hidemi for completing this Japanese translation – English version is here

アートレジデンシーをする目的とは

2つのアートレジデンシーを完了させたことを含めて2013年の最後の4か月が自分にとってどんなものであったか考えてみました。その記憶がまだフレッシュなうちであればアートレジデンシーが自分にとってどんな意味を持つのか振り返ることが可能だと考えたからです。アートレジデンシーの印象は強く残っています。また、アートレジデンシーに応募してみようかどうか迷っている方に少しアドバイスと勇気づけることができたらと考えています。

アートレジデンシーとは何なのでしょうか?
物理の講義の様に難しく語ることは避けたいと思いますが、アートレジデンシーはスペースと時間に関するものです。多くの様々な協会や施設が世界中でアートレジデンシーを提供しています。多くはこちら(here)にリストアップされています。このレジデンシーに参加することは厳密な締切に応募することであり、協会や施設はあなたが作業をし、アートを発展させるための場所を提供するために存在しています。その場所というのはあなたが普段生活しているところから離れたところにあります。ある意味アートレジデンシーはワーキングホリデーとみなすこともできますが、あなたがする作業、そしてどのようにそれをするのかということがキーになります。あるレジデンシーは特定のマスコミ機関をサポートすることを目指すので、アーティストであるあなたとレジデンシーの双方にとって良い組み合わせを見つけることが明らかに重要な要素であると言えます。あなたにとってふさわしいレジデンシーを見つけることがスタートポイントとなるのです。

いつ?
レジデンシーが提供するもう1つのカギとなる要素は時間です。たいていその時間は固定された期間です。その時間は普段しなければならないことから離れたものであり、またあなたの“普段の”生活からも離れたものです。時間はあなたのアイディアに集中するものであり、それらを探求するものであり、調査し発展させ新しい作品をつくり、最終的には発表や展示するためのものです。私の場合、かなりたくさんの調査の後、2013年の9月から10月まで小豆島での2か月間を過ごし最初のアートレジデンシーとしての仕事を完了しました。小豆島は日本の瀬戸内海にある1つの島で、特定非営利活動法人アート・ビオトープとともにアートレジデンシーの活動をしています。2つ目に私は2013年の11月から12月の2か月をLittle Huiaにて過ごし、オークランド地方の公園のアートレジデンシーの活動を完了しました。Little Huiaとはオークランド近くのワイタケレ山脈公園の中にあります。

Little Huia

なぜ?
アートレジデンシーをする目的とは、という問いに対する答えは、応募する人たちそれぞれ違ったものになるでしょう。なぜならばあなたがあなたの作品とともに、どの場所にて活動するのかということにダイレクトに影響するからです。あるレジデンシーが確立した技術を持つ熟練したアーティストを探している一方でいくつかのレジデンシーは新しい、もしくは人気が出てきつつあるアーティストにターゲットをしぼっています。私はそのコンビネーションの立場にあると思います。私はこのフィルム産業に20年以上の時間を費やし、美的感覚を発展させ、アプローチし、処理しています。私には多くの確立された作品がありますが、そのほとんどの作品は他の人々のプロジェクトのためのものです。親友とメントル(良指導者)の死によってまず動機づけられ、2012年の年末に熟考の期間を経験しました。そしてその結果、他の人のプロジェクトに参加するのではなく私が自身で作った作品にフォーカスを置くことにシフトすることを決意しました。幸いにもこの2つのアートレジデンシーに応募したことは私のクリエイティブな改革の重要な部分になりました。しかしその改革はみなさんが思うほど急なシフトではありませんでした。
1980年代後半、電気工学の学位を取得しようとしていたとき、私はエンジニアとして生きていくことはできないということを少しずつ意識し始めました。電気工学はただ私を魅了しなかっただけでなく、自身の特性を考えた時に結びつきませんでした。最終的にそれは地元の電気会社でのインタビューで極めて明らかになりました。その面接官はとても賢く、洞察力のある人でした。というのもたった15分以内の面接で本当に私がやりたいことを見出だしてくれたのです。そしてそれは電気工学ではなかったのです。これは彼のおかげです。なぜならば一部の人々はこのような気づきがないまま一生を過ごしているからです。そうして少しずつエンジニア学校で過ごす私の時間が少しずつ減っていき、より多くの時間を友達とラム芸術学校にて過ごすこととなっていきました。ラム芸術学校は最も良いとされる芸術学校2つのうちの1つです。芸術学校で過ごすこととエンジニアリングをすることは大きな違いです。今となっては明瞭なこととして聞こえますが、あなたが若く、あなた自身の道を探しているとき、こんな些細なことが重要になってくるのです。特にあなたが選択したことを再考している時がその後のあなたの人生に影響してきます。

この間に私はゆっくりと自分がアーティストとして生きていこうという誓いを立てました。朝9時から5時まで仕事をして、その残りの時間は仕事のことを忘れようとする人とは違った生き方をしようと。私は自分の関心があることをして私の人生を発展させたかったのです。その関心のある事とは私が24時間、1週間毎日考えていることであり、ユニークな考え方を持てるものです。20年以上携わっているフィルム産業での仕事も、その隙間時間で行ってきた自分自身の作品作りも、この姿勢がとても私を支えてくれました。しかし熟考と改革を通して私はゆっくりと自身のプロジェクトを進めていきました。そしてこの2つのアートレジデンシーは私の願望に最終的に向かうための最も美しく、協力的な、また刺激を与えてくれる環境を与えてくれました。

working

どのように
あなたがアートレジデンシーに応募することを決めた後の最初のステップは申請書の進行です。この孤独な過程はたくさんの人々を排除することと思います。なぜならばあなたは深く深く考え、アイディアを言葉に起こし、その言葉は誰でも理解できるものにしなければならないからです。ほとんどのレジデンシーは申請書のガイドラインを提供します。例えばオークランドのレジデンシープログラムは以下のような優先順位を書いています。

・アーティストは高いクオリティと革新的な作品作りができなければならない
・アーティストは明確な結果、もしくはレジデンシーを通しての成果を提供しなければならない
・アーティストは新しく、その場所でしかできない作品を作らなければならない。そしてその作品は特定の場所、もしくは公園に特定、レジーデンシーの経験に関係しているものでなければならない。
・アーティストは“場所の感覚”を要約、もしくは暗に言及しなければならない
・アーティストは公園のビジターや近隣に住む人々との触れ合いを受けいれなければならない

またあなたの今までの仕事の代表例や、あなたの歴史、あなたの個人的な目標や個人証明書などが通常要求されます。仕事に応募するのと同じような部分はありますが、コアとなる事柄は以下に概要されます。レジデンシーをしている間あなたは何をしたいのか、あなたはそれを全うできそうなのかさらにサクセスフルな成果を残せそうなのか。

単純に、どんなクリエイティブな人々にとっても自分がしたいことを明確に表現するということは非常に貴重なことです。自分の意思をはっきりと説明し、だれでも理解できる方法でコミュニケーションするのです。

一旦あなたの申請書が送られてしまうと、次に来るのは待つこと…そして待つことです。たいてい申請書の締め切りまで数か月の期間が設けられていて、何の連絡もありません。t。この待つ期間、レジデンシーは横に置いておいて自分の生活を続ける十分な時間になるでしょう。私が2つのレジデンシーに応募したのはとにかくそれが私にとっての望みだったからです。というのも万が一1つのレジデンシーの参加資格がもらえなくても、もう1つのレジデンシーに望みを持てるからです。そして 2つの全く違ったレジデンシーから参加許可をもらえるよう申請書を提出しました。2つのレジデンシーには申請の過程の中で類似点もありましたが、どちらも要求していた主要なものというのが具体的でユニークな、また発展したアイディアでした。どちらのレジデンシーでも参加資格をもらえた時、私が極限まで到達できるよう私はたくさん考え、リサーチを行いました。

そしてある晴れた日の朝、その電話は鳴ったのです。その数週間は私の顔から笑みが消えることはありませんでした。さらに両方のレジデンシーから参加資格をもらえた時は、私はもう有頂天でした。宇宙は私が決して忘れない方法で私を応援してくれていたのでしょう。
レジデンシーは物理的な手助けをそれぞれの方法で提供しています。あるレジデンシーは日々生活するためのお金を、またあるレジデンシーは(レジデンシーへ向かう際の、またはレジデンシーで過ごしている間の)移動手段を提供してくれます。小豆島のレジデンシーについて言えばレジデンシーをしている期間の家と車を提供してくれました。ただしニュージーランドから日本への移動は私自身に任されていました。オークランドレジデンシーは家と日々必要になるものを購入できる十分なお金を毎週提供してくれました。レジデンシーへ向かうこと、またレジデンシーでの移動は私に任されていました。あなたにとってふさわしいレジデンシーをリサーチすることはあなたが何を必要としていて何を自分自身で行うことができるのかということに左右されるのです。

また実用性ということもあるでしょう。私は与えられた家に合うように私の小さなコンポーザー、ミキシング、ポストプロダクションを設置しなければなりませんでした。さて以下のものの実用性を考えてみます:ソースエレメント、CPU、ソフトウェア、ストレージ、バックアップ、モニター、アコースティック楽器とともに部屋の中で何百時間を過ごすことになります。私の往復分の超過料金は私自身の航空チケット料金の半額もかかりました。でもそれは心配することではなく、計画的なものでした。当然のこととは思いませんが。

私にとって2つのレジデンシーにそれぞれ2か月ずつのスケジュールを組むことは少し上手に時間をやりくりしなければいけませんでした。また悲しいことに私が予約していたフィルムの仕事からも身を引かねばなりませんでした。しかし私に訪れたこの2つのレジデンシーという機会を逃すわけにはいきませんでした。

Little Huia

私が学んだこととは
私はこの場所でこのことについてあまり深くお話しするつもりはありませんが、この2つのレジデンシーの結果はとても深いものでした。言葉にするには程遠く、ある意味言葉を超越しています。私が将来なぜ今その場所にいるのかと考えた際にレジデンシーのことをまず思い出すでしょう。
私が一番最初にレジデンシーについて気づいたことはリサーチやプランニング、コンセプトにつて明確にすることから、実際にレジデンシーに着き仕事を始めることへの劇的な変化でした。

小豆島へ向かうまでの最優先項目は、何時間もの時間を使ってオンラインのグーグルアース、グーグルマップ、ストリートヴュー、フリッカーを使ってのバーチャルの世界で目的地に到着することでした。何時間も何時間もブックマークを保存し、画面コピーを行いました。そして長時間にわたってアイディアを明確にし、発展させ、コンセプトやテクニックをリサーチしました。

Little Huia

日本に到着するといつもがやがやしています。しかし初めて小豆島行のフェリーに乗ったとき(過去に2回小豆島に行ったことはあったのですが、レジデンシーの1人として到着することは以前と違った気持ちでした)私は子供の様に大興奮していました。さらにこの1週間以内に期間限定の生活を築きあげるということは面白いことだなと感じていました。地元のみなさん手助けとサポートありがとうございました。Little Huiaでも同じことを感じていました。生活を築くというのはなんて驚くほど速いものなのでしょう。
そして今から述べることが両方のレジデンシーに共通していたレジデンシーの特性です:あなたはレジデンシーに着くとすぐに地元の人々のサポーティブネットワークを受けることができます。その地元の人々はもちろんあなたに手助けをするために存在するのですが、また彼らはあなたに成功してもらいたいと思っています。難しい状況に陥った時ほどポジティブに、心を開いて協同的に行動することは生活において非常に貴重なことなのです。 例えばたくさんの新しい人々に出会い、様々な状況下で新しい関係を形作ることなどです。これらはクリエイティブな考えに良い影響を及ぼし、本質的に言えば人間の魂にとって素晴らしいことなのです。
次に私が味わった新事実はコンセプトから現実への変化です。Little Huiaでのレジデンシーに参加している際にそれがはっきりと明確になった特定の場所を覚えています。それはちょうどここでした。

Little Huia

私のDOP/フィルムメーカーをしている良い友人が私のレジデンシーしている様子についてのドキュメンタリーを撮ることになりました。(早かれ遅かれそのフィルムを見ていただけると思います)屋外にあるとてもユニークなビジュアルの場所にて撮影をしている間(その写真の通り、その道はその風景を通って文字通りカーブしています。)私は突然ドキュメンタリーのための素晴らしい*ステディカムカメラでの撮影方法を思いつきました。私は5Dで撮影を行い、ビデオに編集しラフ案を作りました。彼にYOUTUBEリンクを送り、さらに一週間後彼がステディカムカメラを持参し再度同じ場所へ2人で訪れました。しかし私のアイディアの元30分ほど撮影し終えると、私たちは緊張が取れて私の考えた方法ではなく、対象をステディカムにて撮影していました。そしてそれは私が想像しているものより断然良いものでした。この経験によって私は抱負を持つことができたのです:初めての場所に到達するのがコンセプトですがゴールド(発見、ひらめき)は新しいアイディアを受け入れる余裕を持ち、可能性を探求している時にこそ訪れます。最高の作品は仕事しているところから生まれるものであり、仕事を考えているときに生まれるものではありません。これは新しい格言ではありませんが私の信念を強化してくれる言葉です。

Little Huia

*ステディカムカメラ・・・カメラマンがカメラを持って歩いたりあるいは車載した際に、その移動によって生じるブレや振動を抑え、スムーズな映像を録ることを目的に開発されたカメラスタビライザー(カメラ安定支持機材)。
私は両方のレジデンシーの経験から、環境やロケーションの交わりによって影響され、インスパイアされたことにも気づいています。人々はよくニュージーランドの日光の強さ、まぶしさを話題にしますが、日本の瀬戸内海の眺めを毎朝見ながら散歩するのは無上の喜びでした。それと同等にマヌカウ港から数メートルに住んだことは大きな影響を私に与えました。私が海を眺められない、また波の音の聞こえないところで住めないことを気づかせてくれました。
どちらのレジデンシーにおいても私の作品は私の過ごした時間と出会った人々によって完全に変更されました。後知恵でいうのは簡単ですし、あらかじめ考えておくことも簡単です。しかし一瞬一瞬そして日々どのように事が起こるのかはとても素晴らしいことです。

Little Huia

レジデンシーから学んだ2つの大きな事とは
始めにプロセスについてです。プロセスを練る際に今まで経験のないことをどのように行っていくのかということを学びました。何を進んで行うのか、何を行わないのかはっきりさせることです。私はかつて完璧主義者だと責められていましたが、私は違います。私は実践主義者です。しかし私が‘これで十分’と受け入れる度合いは他の誰のものでもなく、私の考えが基準になっています。 新しい教訓ではありませんが:‘忍耐’はとても大切です。 例えば小豆島を撮影した20秒間のフィルムは低速度撮影ではなく通常の撮影にもかかわらず6時間もかかっています。もし人々がこのショットを見て、フィルムに映っている演技者のことを聞いたとしても、演じている人は誰1人として存在しません。すべてがリアルであり、だからこそ時間がかかったのです。
そしてそれをたくさんの他の人々のプロジェクトにおいて目撃しているにもかかわらず、迫りくるスクリーニングの締め切りの中で自分のプロジェクトを発展させていくことはいままでやってきたなかでも大変な仕事の1つでした。あなたにビジョンが必要ならばスクリーニングを予約しましょう!*レナード・バーンスタインがこんなことを言いました:“素晴らしいことに到達するには2つのことが必要なのです;それはプランとあまり十分な時間がないことです”
*レナード・バーンスタイン・・・アメリカが生んだ最初の国際的レベルの指揮者

Monkey!

私の作品をスクリーニングして、オーディエンスとディスカッションすることも心から満足できるものです。仕事を終わらせるためのストレスやアドレナリン、スクリーニングの不安(私は宗教を信仰しているわけではありませんが科学の神に祈っています。どうか再生不具合が起こりませんように)や自分の作品が自分の目にだけ映るのではなくオーディエンスの存在でそのように変化するかといったことは学ぶべき素晴らしいことです。
今までのどんなときにもなかったのですが私は自分の仕事をやっているなあと感じています。私はいつも私が作った作品にあまり気楽な関係を持っていませんでした。(私は自分に対して酷評なしではいられません)しかし数週間、数か月間できる限り最高の自分の作品を作り上げるためにほぼ毎日仕事をしました。そしてその仕事を受け持つことがとても幸福でした。そして両方のレジデンシーでQ&Aを行っていた時に、自分でも質問の答えとしてそれらを口にするまで気づいていませんでした。自分の作品への洞察力は感謝に値します。

次に、そして最後にこの2つのレジデンシーから私が学んだ最も重要なことは最も重大な発見でした: アーティストとして成長し、芸術家としての全作品を明確にしています。私が発展させてきた私自身の作品は、当たりを這いつくばって発見し、壁にぶつかって、目的と方向性を持って歩いています。レジデンシーの経験がなければ私はそれを持っていなかったでしょう。そしてその孤独がこれから訪れる深い何年もの時を与えてくれるのでしょう。

Little Huia

アドバイスはありますか?
あなたがアーティストレジデンシーに参加すべきかどうかということはあなたしか答えを知りません。–準備はできていますか?あなたは何か月もの間通常の生活から離れることはできますか?あなたは自分自身をサポートすることはできますか?あなたの作品は準備できていますか?あなたがこれからつくるものの明確なアイディアはありますか?もしもこのすべてにYESならば、この経験を十分にお勧めできません。–これは人生の変化です。
しかし。

Little Huia

レジデンシーに応募する人の中には何か足りない、何か違う何百人もの人が応募することが想像されます。だからこそレジデンシーはアーティストを厳選するのです。しかしこれは覚えていてください。レジデンシーに応募するというプロセスだけでもあなたが気付かなかったであろうことを教えてくれます。この孤独は価値があります。そして少し長めの視野でみてみると、あなたが一生懸命応募したけれどもレジデンシーに参加できなかったら、それはただのあなたへのフィードバックなのです。あなたのアイディアを発展させ次の機会により魅力的な申請書を提出すればいいのです。
そして重要なアドバイスをします:ほとんどのレジデンシーでの募集は年に1度しかありません。ですからもしあなたが興味を持ったのなら申請書の締め切りをしっかりと確認しましょう。なぜわたしがこれを言及するかと言いますとオークランド地方の公園でのレジデンシーの締め切りが 2月17日と迫っているからです。ちょうど1か月ほどしか時間がありません。-より細かい情報はこちら link

幸運を祈っています。
そして私のこのモノローグは2つのレジデンシーへの参加を可能にしたすべての人々に多大な感謝なしでは終われません。心からありがとうございます!私は必ずこの2つのレジデンシーを再訪するだろうと確信しています。残りの人生の間、私はこの2つを現実にしたすばらしい人々に会えることをとても楽しみにしています。

Thank you! Arigatou gozimasu!

Leave a Reply

Please use your real name instead of you company name or keyword spam.

46 − = 38